【イメージ】会社概要・メッセージ 会社概要・メッセージ

その仕事に、志はあるか。その志に、勝算はあるか。

ごあいさつ

【イメージ】会社概要・メッセージ

例えば、あなたとの出会いが、誰かの人生をより良く変える。そんな仕事ができたら、幸せだと思いませんか。学習塾の経営は、教育に対する情熱をもって取り組めば、多くの生徒たちの人生をより良く変えることができる仕事です。私自身、大人になった教え子たちと思わぬ場所で再会することがあり、立派に成長した彼らの姿に感動することがよくあります。これこそが教育に関わる仕事の醍醐味だと思います。

一方で教育市場に目を移せば、私たちが業界の先駆けとなり推し進めてきた『映像授業+個別指導』というスタイルのニーズは年々高まっており、今後も市場が拡大することは確実な状況です。公的な学校教育では、成績の中位層に向けた授業をせざるを得ないため、上位層は力を伸ばせず、下位層はついていけなくなるという現象が起きています。生徒たちのポテンシャルを最大限に引き出すためには、秀英iD予備校が提供するような一人ひとりに合わせた教育が必要不可欠なのです。

しかし、もしもあなたが教育を単なるビジネスの手段としてお考えなら、残念ながら私たちのFCオーナーには向かないかもしれません。私たちの仕事の目的は、生徒の成績を伸ばすことであり、彼らの人生に喜びの種を蒔くことなのですから。利益はその後に必ずついてきます。先ずは、生徒一人ひとりと真剣に向き合ってください。勉強意欲が湧いてくる環境を整えてください。成績アップのノウハウやツールは私たちが提供いたします。

秀英iD予備校との出会いは、教育的情熱を持つあなたの人生をより良く変えていくはずです。

株式会社 秀英予備校
代表取締役社長
渡辺 武

仕事の本質は、誰かを喜ばせることにある。
誰かを喜ばせる仕事を続けることができれば、
喜びの輪は多くの人々、そして未来の人々にもつながっていく。

教育の仕事は、正に「誰かを喜ばせる仕事」であり、
生徒や保護者、そこで働く人々、地域の方々までも幸せにできる仕事です。
教育の仕事は、同時に「子どもの未来を創る仕事」、 つまり社会貢献でもあります。

秀英予備校が40年以上も教育産業界で成長を続け、
東証一部上場というビジネスとしての成功も勝ち得た理由は、
誰かを喜ばせる仕事をしようという志と、
子どもたちに寄り添い学びをサポートしながら
経営を継続させる確かなノウハウがあったからです。

もしも今、あなたが新しい事業を始めようと計画しているのなら、
ご自身の心に問いかけてみてください。
その仕事に、志はあるか。その志に、勝算はあるか、と。

私たちは秀英予備校の志に賛同いただける方に、
学習塾経営のノウハウを惜しみなく提供したいと考えています。
秀英iD予備校のオーナーという仕事は、
学力の向上を通して生徒や保護者だけでなく、
オーナー様自身を経済的にも心理的にも喜ばせる仕事になるはずです。

会社概要

社名
株式会社 秀英予備校
銘柄コード
4678
上場証券取引所
東京証券取引所
業種分類
サービス業
創業
1977年
設立
1984年
本社所在地
静岡県静岡市葵区鷹匠2丁目7-1
代表者
代表取締役社長 渡辺 武
決算期
3月31日
資本金
20億8,940万円
発行済株式数
6,710,000株
社員数
745名(連結)
役員一覧
代表取締役社長:渡辺 武
専務取締役:渡辺 喜代子
常務取締役:山内 義明
取締役:石垣 雅敏
取締役:林 眞吾
取締役:田中 耕治
取締役:友重 博行
取締役:鈴木 高宏
取締役(監査等委員):萩原 茂樹
社外取締役(監査等委員):佐竹 利文
社外取締役(監査等委員):村松 夏夫

2019年6月27日現在

FC理念

経営理念

  • 一、生徒・父母の要求に応えることができる予備校運営をもって社会に貢献し、企業としての発展をはかる。
  • 二、自分自身の世界観・人生観・ロマンを持ち、熱い心で生徒・父母との接点を持つ。
  • 三、仕事のやりがいを促進する自由で風通しのいい社風を大切にする。また自己の役割に責任感を持つ。

教育理念

  • 一、勉学を通してグローバル社会において自立できる力を養うこと
  • 二、現状に満足しないで常に一段上を目指す姿勢を身につけさせること
  • 三、他人に対して思いやりを持てる人材を育てること

フランチャイズ展開理念

  • 一、秀英のFC事業は、最高の教育サービスを全国の生徒たちに逸早く提供していくためにある。
  • 二、私塾教育の使命は、生徒達の将来の選択肢を広げ、日本の将来に貢献することにある。
  • 三、FCオーナー様と本部が一体となって社会貢献することが第一。売上・利益は、それに比例して後ろからついてくるものである。
ページトップへ
ページトップへ